フロントローディングの極みへ

建築技術者集団の株式会社シェルパが
プロジェクト成功へ向けて全力でサポートします!

私たちの使命

Our mission

2009年頃から日本で使われ始めたBIMを私たちは先駆けて導入してきました。
その技術や知識を活かし、現在ではフロントローディング専業へと進化しています。
進化に向けてさらにチャレンジする姿勢を持ち、自社で蓄積した知識を建築業界活性化のために広く伝えることが、私たちの使命であると考えています。

私たちの役割と誇り

Role and pride

シェルパとは、ヒマラヤへアタックする登山家をサポートするパートナーのこと。
いかに早く安全に目標達成できるかを心掛け、登山家を成功へと導くのがシェルパの役目であり、誇り。
私たち株式会社シェルパは、困難なプロジェクトにチャレンジされるお客様の頼れるパートナーとして、満足度の高いサポートができるよう、建築技術者集団としてより高い技術力向上に常に力を注いでいます。

シェルパの事業内容

Business contents

フロントローディングコンサルティング

シェルパはプロジェクトの暗黙知をいちはやく見える化。
BIMの可能性と自然言語処理技術を、RPA(Robotic Process Automation)で自動的にポジネガナレッジを判断し、最適なPDCAを廻し続けて提案内容の高度化を実施しています。
詳細を読む

建築プロジェクトサポート

自社で、蓄積したノウハウを、BIMにより「Q(品質)C(コスト)D(工程)S(安全)を見える化」。
クライアントのプロジェクトサポートをしています。
また、複数名のプロジェクトマネジメント有資格者(PMC)が、プロジェクトごとに最適なナレッジマネジメント環境を構築。現場のニーズに応え続けていきます。

BIMコンサルティング

弊社はBIMの特性を最大限に活かしてフロントローディングに役立てています。
建設業ではしばしば『建物は1品生産』と言われますが、弊社ではBIM作成時に製造業ライン管理の概念を取り入れています。
建物を生産ラインに見立て、建物の構成要素を管理項目に置き換えることで、製造業の生産ラインと同じ管理と効果を実現しています。

ナレッジクロージング

施工期間中に蓄積される有益なナレッジ自然言語処理技術を応用して、これらを分析、評価します。
そうすることで、関係者間の暗黙知を形式知に変え、貴重なナレッジを次以降の類似建築プロジェクトで活かしてきます。

技術情報発信

社内で得た技術は常に外部に発信しなければ陳腐化すると考えており、シェルパは最新の建築技術を発信し続けています。

OPEN BIM café

BIMに関心を持たれる方々が気軽にお立ち寄りいただける集いの場です。
BIMを活用やビジネス力の向上をテーマに、パワーセミナーやディスカッションを企画しています。
OPEN BIM café

シェルパブログ

2011年11月から開始したシェルパブログでは社員が1日1記事、最新建築技術情報を配信しています。
自社内で蓄積した知識や経験を、社外に対してもオープンしていくことで、建築業界の競争力の活性・向上に貢献しています。
シェルパブログ