実践FM


シェルパが考える「実践FM」とは?

シェルパは、ファシリティマネジメント(FM)を大きく2つに分けて考えます。施設管理者の負担を軽減するための、「日常管理ファシリティマネジメント」と経営戦略的な統合施設管理の「統合管理ファシリティマネジメント」の2つです。
いずれも、顧客が維持管理において得たいデータを、BIMをフルに活用することで、瞬時にファシリティマネジメントの見える化を実現することが可能です。この統合的ファシリティマネジメントシステムが、シェルパの考える「実践ファシリティマネジメント」です。

実践ファシリティマネジメントコンサルティング

シェルパの取り組むファシリティマネジメントは、すべて現場のニーズから生まれた実践ファシリティマネジメントです。
プロパティコントロールを意識した、BIMによるファシリティマネジメントの見える化により、シェルパはファシリティマネジメント導入成功へと貢献しています。
管理対象やその範囲に合わせて、適切ソフトウェアを選択する手法で、より効果の高いファシリティマネジメント活用手法を確立しています。成功するBIMへのコンサルティングはシェルパにお任せください。

  • 実践ファシリティマネジメントコンサルティングお問い合わせはこちら
実践FM概念図
Archicadで解決

シェルパ「日常管理ファシリティマネジメント」

施設管理者の方が、日常管理されている項目は多岐に渡ります。その煩雑とした作業は、BIMを活用しファシリティマネジメントの見える化を実現することにより、大幅な業務改善とコスト縮減が可能となります。
シェルパは日常管理ファシリティマネジメントを、「ArchiCAD」を駆使し解決します。

  • 日常管理ファシリティマネジメント
  • 日常管理ファシリティマネジメント
  • 日常管理ファシリティマネジメント

シェルパ「統合管理ファシリティマネジメント」

ビル1棟のみならず、複数のビルすべての管理情報を、一元化して経年管理するためには、複数の日常管理ファシリティマネジメントデータを統合し見える化することにより、経営戦略的な統合管理が可能となります。

お問い合わせ

不明点や疑問点、ご質問等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合せください。

お電話でお問い合せ 03-5652-3145

メールでお問い合わせ・資料請求


  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • SHRPA BLOG
  • OPEN BIM Cafe
  • OPEN BIM Cafe Blog
  • SHERPA facebook page
  • OPEN BIM Cafe facebook page