実践BIM


シェルパが考える「実践BIM」とは

実施設計~生産設計段階においてBIMの利点を最大限活かすために、いかに有益なプロパティをオブジェクトに仕込むか、そしてそのプロパティを自由に効率よく管理するか。

このプロパティコントロールのシステムが最重要と考えています。
これが、シェルパが考える「実践BIM」です。

実践BIMコンサルティング

シェルパはArchiCADはじめ、あらゆるBIMソフトを駆使し、多様な要望にもお応えします。

社員全員がArchiCAD認定試験(講師資格)を持ち、現場のニーズから生まれた実践BIM能力によりBIM導入成功へと導きます。

成功するBIMへのコンサルティングはシェルパにお任せください。

  • 実践BIMコンサルティングお問い合わせはこちら
  • 実践BIMソフト導入支援・教育はこちら

実践BIM概念図

実施設計~生産設計段階で活きる、シェルパ「3つのBIM」

設計BIMデータに、有益なプロパティをオブジェクトに仕込むことで、プロパティを自由に効率よく管理する。それがシェルパの考える「プロパティコントロール」です。
プロパティコントロールは、プロジェクトのフロントローディングを、より効率よく充実した成果を期待できます。

  1. 1.「条件検索」による不具合・不整合の発見

    1.「条件検索」による不具合・不整合の発見
  2. 2.「BIM色分け図」による適材適所確認とVE提案の省力化

    2.「BIM色分け図」による適材適所確認とVE提案の省力化
  3. 3.「一覧表機能」による数量積算

    3.「一覧表機能」による数量積算

施工段階~維持管理段階で活きる、シェルパ「7つのBIM」

プロパティコントロールを意識し作り上げた設計BIMデータは、施工段階~維持管理段階において、シェルパ「7つのBIM」に展開することが可能です。

1.プレゼンテーション

プレゼンテーション動画作成にとどまらず品質向上・安全意識向上・VE提案・施工計画など幅広いウォークスルーの提案

2.デジタルモックアップ

難易度の高い納まりの「見える化」提案
社内基準の「見える化」提案

3.配管干渉・配筋干渉

躯体情報早期決定のための配管干渉・配筋干渉モデル作成

4.施工図

BIM設計図から各種施工図への展開による省力化の実施

5.施工計画

施工計画の「見える化」により仮設費用削減と安全性向上の提案

6.BIM総合図

ファシリティマネジメントに繋がるBIM総合図の作成

7.ファシリティマネジメント

BIM総合図からファシリティマネジメントデータへの展開

お問い合わせ

不明点や疑問点、ご質問等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合せください。

お電話でお問い合せ 03-5652-3145

メールでお問い合わせ・資料請求


  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • SHRPA BLOG
  • OPEN BIM Cafe
  • OPEN BIM Cafe Blog
  • SHERPA facebook page
  • OPEN BIM Cafe facebook page